• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンション管理新聞 第865号 2012年2月15日号の記事より

1.国土交通省 改修推進提言 ストック再生へ勉強会

             マンション管理新聞 865号 ①


 建替えより「修繕により性能を向上させる」いわゆるストック再生の動きが活発化してきました。
 当特定非営利活動法人 ECO-ECO建物再生推進協会は、前身のECO-ECOマンション再生研究
 会発足当初より資産価値の維持、向上を図るため、目に見えにくい劣化現象「陳腐化」の解消を
 唱えてきました。
 また、建替えによる区分所有者が負わなければならないリスクを考えてみる必要があること。
 そして、何よりも既存マンションにおける修繕積立金額の問題があります。
 当然のことながら建物も経年するにしたがって修繕が必要な部分は増えてきますし、費用も莫大な
 金額になります。これは、分譲マンションだろうが賃貸マンション、あるいはビルなどの施設に
 おいても同じここと。
 それでもワンオーナーの建物であればオーナーの経済状況の問題で解決しますが、区分所有建
 物は当然、所有者の合意が必要になります。
 そのため、なおさら早めの対応、つまり「修繕計画」が必要となり、将来の負担を軽減するため、
 「長期耐久性能向上」や「環境性能向上」「安心・安全性向上」などが不可欠になります。
 特にいざ災害が発生した場合、「安心・安全性向上」のひとつとして、地域住民との連携や付合いと
 いったことが重要になることはいうまでもありません。




2.神奈川県 太陽光発電普及事業 マンションも対象に


              マンション管理新聞 第865号 2012年2月15日(2)


神奈川県、太陽光発電の補助拡充 共同住宅は9倍  2月20日日経新聞 電子版の記事です。

 
 現実的には、既存分譲マンションにおいて「太陽光発電」を導入することはかなり困難であると
 考えます。
 
 まず、1.コストの問題 費用対効果の問題
    2.屋根(屋上)に設置する場合の防水との関係
 
 この2つの問題があります。

 当然、設置時期(築年数)の問題もあります。
 築25年経過した建物に償却するのに20年必要となるとと考えると
 設置するなら早いほうがよいということになります。

 もちろん、何キロワット発電できて、いくら助成を受けて、いくらで買い取ってもらえるのか
 ということが先。

 しかし、EVの導入を考えた場合、戸建住宅であれば自由に電源を引き充電することは可能です
 が、マンションの場合はそういうわけには行きません。
 また、当然各戸の電力を全て太陽光でというのは不可能。
 給水においても水道本管から建物に水を引き込み、受水槽にためないで給水する直結給水方式の
 場合も7階以上はポンプが動かなければ、停電の際は断水します。
 
 つまり、共用部分における補助的な発電に使うことは十分可能なのです。
 それによって結果的に管理費の電気料金の負担軽減ができれば、コストの削減につながる。
 これも「ECO-ECO」の考え方です。




スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ECO-ECO再生

Author:ECO-ECO再生
特定非営利活動法人 ECO-ECO建物再生推進協会は 『エコロジー=エコノミー』を 建物の長命化と維持管理コストの削減をキーワードと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。